HOMEエンターテイメント2009年秋ドラマ > オトコマエ!2

オトコマエ!2

この商品の説明

「弱い者いじめは絶対、許せねえ!」と幼なじみの悪たれコンビが悪いやつらを懲らしめる痛快時代劇が帰ってくる。正義に燃える与力の藤堂逸馬(福士誠治)も、アフターファイブは一本差しの遊び人を気取る評定所の役人の武田信三郎(斎藤工)も時代は変われど、男前。2人の夢は、いつか俺たちもあの“遠山の金さん(柴田恭兵)”みたいなオトコマエになりてぇ! そんな2人が疾走するハートフルでさわやか、ハイテンポな1話完結の30分ドラマだ。


●藤堂逸馬(福士誠治)
北町奉行所の吟味方与力(ぎんみがたよりき)。奉行は遠山金四郎。生家は商家で、寺子屋「一風堂」に学び信三郎と無二の親友。17歳の時、藤堂家の養子に入り、奉行所で見習いを終えて1年の新米与力。大らかな性格で弱い者いじめ、曲がったことは大嫌いで金さんみたいな心も振る舞いも本物の男前になりたいが心情。柔術の遣い手。年上の女性を好み料理屋の女将佐和に恋するが…。
●武田信三郎(斎藤工)
幕府の下級役人。今の最高裁の調査係、評定所の吟味物調役(ぎんみものしらべやく)。寺子屋「一風堂」に学び、逸馬と無二の親友。12歳の時、中級官僚の父親が無実の罪を着せられて憤死、武家社会の虚しさを覚え、仕事は要領良く完ぺきに済ませ、エスケープして遊び人に変身。裏地が女物の粋な着流しで、一本差し。女性をこよなく愛し、年下の可愛い子に弱い。槍の遣い手。
●佐和(井上和香)
京橋の料理屋「佐和膳」の女将。酸いも甘いも知っているいい女で、旨い料理とその持てなしに惹かれて客が通う。噂では遠山の金さんの恋人だが、佐和の女っぷりに逸馬は一目惚れ。佐和は、金さんが目をかける逸馬を案じている。
●武田のぶ(浅田美代子)
信三郎の母。明るく不幸を感じさせない可愛い女。しっかり者だが、どことなく抜けている。娘の頃から茶道をたしなみ出稽古で教えている。武田家の復権を願い、若き当主の信三郎に望みを託しているが…。
●鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)
南町奉行。老中首座・水野忠邦のお気に入りだが世間は「妖怪」と呼ぶ。規制緩和を唱え、庶民に人気の遠山が気に入らない。遠山家は500石、鳥居家は2500石で同じ町奉行なのも腹が立ち、遠山を潰そうと問題児の逸馬に狙いを定めているが…。
●遠山金四郎景元(柴田恭兵)
北町奉行。庶民に遠山の金さんと愛され、将軍・家慶から、名奉行のお墨付きを拝受。若い時は放蕩無頼の生活を送り、30歳のとき、泣いて母親に再出発を誓ったとか。鳥居と老中の締めつけ政策では幕府は安泰にはならない、庶民が元気に暮らしてこそ武士も生きていけるが信条。町人出の逸馬に期待している。

(gooテレビ番組より一部引用)

公式サイトはコチラ
この商品の口コミを書く

#

オトコマエ!2 の 口コミ(クチコミ)・評価・評判・感想・レビュー

あじさい|30代|女性|
2009-10-25 13:37

評価  4

実は、よく見てます。鶴太郎がいい味出してるんですよね。そういえばこのまえサトエリがスプーン曲げてましたね〜、オトコマエ見てる人いるかな〜?

もっとクチコミを見る
公式サイトはコチラ
この商品の口コミを書く


当サイトアクセスランキング

位
オトメン(乙男)〜秋〜 オトメン(乙男)〜秋〜
2009年秋ドラマ
8月1日にスタートした土曜ドラマが、10月から火曜午後9時に放送枠を移動し、家族で楽しめる学園ドラマ…>>詳細を見る

位
JIN−仁− JIN−仁−
2009年秋ドラマ
「スーパージャンプ」(集英社刊)に連載中の人気コミックをドラマ化。脳外科医の南方仁(大沢たかお)は、…>>詳細を見る

位
外事警察 外事警察
2009年秋ドラマ
世の中にはほとんど知られていない「外事警察」。市民生活の中に深く潜行し、決して姿を見せない「ウラ」と…>>詳細を見る

位
小公女セイラ 小公女セイラ
2009年秋ドラマ
1887年に発表されたフランシス・ホジソン・バーネット作「小公女セーラ」は、アメリカで4回映画化され…>>詳細を見る

位
その男、副署長 その男、副署長
2009年秋ドラマ
人気ミステリードラマが第3シーズンに突入。船越英一郎演じる京都府河原町署の副署長・池永清美が捜査活動…>>詳細を見る

 
最近見た商品・サービス

まだ商品ページを閲覧していません