HOMEエンターテイメント2009年秋ドラマ > 相棒season8

相棒season8

この商品の説明

2000年に「土曜ワイド劇場」の1作品としてスタートした「相棒」も今年で10年目。これまでは、天才的な頭脳を持つ刑事・杉下右京(水谷豊)と特命係としてコンビを組んできた亀山薫巡査部長(寺脇康文)の活躍が描かれてきたが、前シリーズで亀山が卒業、そして右京の新しい相棒・神戸尊(及川光博)が登場した。2009年10月、右京&尊の新コンビがいよいよ始動する。水谷が「ラッキー7から末広がりの8へ、いい感じですね」と言えば、“新相棒”及川光博は「柔軟性と集中力を大切にして、水谷さんの相棒になれるよう精進します」と意気込む。また、米沢守(六角精児)をはじめ脇を固める登場人物の活躍にも注目だ。


●杉下右京(水谷豊)
東大卒業後渡英、帰国後に警察庁に入庁。刑事部捜査二課の刑事として次々と難事件を解決してきたが、上層部が公にしたくない事件の犯人まで追い詰める正義感が災いし、上層部からは嫌われ「特命係」に。特命係は“人材の墓場”と揶揄されていたが、なお名推理は健在で次々と難事件を解決する。
●神戸尊(及川光博)
警察庁警備局警備企画課・課長補佐(警視)として順調に準キャリア並の出世をしていたが、突如、上層部の命を受け特命係の杉下右京の実態を調査することに。“2階級特退”の左遷で、警部補として特命係へ。上司には逆らわないが、自分の意見ははっきりと言い、エリートぶりも隠さない。スポーツカーを乗り回し、運転は乱暴。
●宮部たまき(益戸育江)
右京の元妻で、小料理屋「花の里」の女将。右京の数少ない理解者で、離婚後も何かと右京のことを気にかける。事件にはまったく関係ない彼女の言葉は、ときに右京をホッとさせ、また事件解決のヒントになることも。
●小野田公顕(岸部一徳)
警察庁・官房室長。警察庁の超大物幹部で、かつて警視庁へ出向していたときに右京が参謀として仕えていた。型破りな存在で、表立って捜査ができない事件などを特命係に持ち込む。よく言えば右京ら特命係を頼りにし、悪く言えば単に利用している。右京の味方になるときもあれば、敵になるときも。

(gooテレビ番組より一部引用)

公式サイトはコチラ
この商品の口コミを書く

#

相棒season8 の 口コミ(クチコミ)・評価・評判・感想・レビュー

taa|50代|女性|
2010-01-20 13:11

評価  6

無条件でおもしろいです!六角さんのキャラクターもGood!

あゆむん|30代|男性|
2009-12-31 23:03

評価  5

相棒は映画化された時に見た事があります。ドラマもテレビでやっていてよく見ています。相棒というだけに二人のコンビネーションみたいなもので幾つもの事件を解決していくのが楽しいです。

LEE15|30代|女性|
2009-11-29 02:10

評価  4

右京さんの名セリフ「はい?」がはまっちゃいます(笑) ストーリーはもちろんですが、それぞれの登場人物の癖やセリフがよく作りこまれてて(設定で?)興味深く見ています。 パートナーがいる方は一緒に見ると、お互い登場人物のモノマネをしてみたくなるかもしれないです(^^;

もっとクチコミを見る
公式サイトはコチラ
この商品の口コミを書く


当サイトアクセスランキング

位
外事警察 外事警察
2009年秋ドラマ
世の中にはほとんど知られていない「外事警察」。市民生活の中に深く潜行し、決して姿を見せない「ウラ」と…>>詳細を見る

位
ギネ 産婦人科の女たち ギネ 産婦人科の女たち
2009年秋ドラマ
産婦人科版「ER」とも呼べるスピード感溢れる本格派医療ドラマ。題名の「ギネ」は産婦人科などを意味する…>>詳細を見る

位
行列48時間 行列48時間
2009年秋ドラマ
直木賞作家の藤田宜永作「喜の行列 非の行列」(毎日新聞社刊)がついに映像化。行列に並ぶ人々の建前と本…>>詳細を見る

位
JIN−仁− JIN−仁−
2009年秋ドラマ
「スーパージャンプ」(集英社刊)に連載中の人気コミックをドラマ化。脳外科医の南方仁(大沢たかお)は、…>>詳細を見る

位
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2
2009年秋ドラマ
昨年、人気を博した米倉涼子主演の心理サスペンス「交渉人」がさらにパワーアップ。凶悪犯罪の最前線で、人…>>詳細を見る

 
最近見た商品・サービス

まだ商品ページを閲覧していません