HOMEエンターテイメント2009年秋ドラマ > リアル・クローズ

リアル・クローズ

この商品の説明

昨年9月に放送されたスペシャルドラマの連ドラ化で、主演は香里奈。「YOU」(集英社刊)に連載中の人気漫画家・槇村さとる氏の同名作品が原作。「人間、見かけより中身が大事」がモットーの香里奈演じる天野絹恵は、老舗百貨店・越前屋の布団売り場のエースだが、外見もファッションセンスもイマイチ。そんな絹恵がある日、花形部署である婦人服売り場への異動を命じられる。そこは、黒木瞳が演じるフランス・パリ帰りの鬼部長・神保美姫が仕切っていた。絹恵と美姫の葛藤を通して、働く女性が抱える「悩み」をリアルに描く。


●天野絹恵(香里奈)
恋、仕事、ファッションに翻弄される百貨店店員。性格は真面目で融通が利かない。おしゃれが苦手で、女の子が夢中になるファッションが理解できず、ダサくて地味な服装で毎日を過ごしている。「人間は見かけじゃなくて中身」と開き直っているが、根底にはコンプレックスが。美姫との出会いでファッションの世界に飛び込む。
●山内達也(高岡蒼甫)
絹恵の恋人。自動車の営業マン。絹恵のことを「そのままでいいよ」といつも優しい言葉をかける。婦人服売り場に異動になった絹恵を応援するが、徐々にすれ違いがちに。
●蜂矢英明(小泉孝太郎)
セレクトショップ「ゴールディ」のバイヤー。東大出身の自信家で野心家。センスのいい服を着て、いつも笑顔。広い人脈を持つが、一匹狼で仕事のためならルール違反スレスレも平気。
●田渕優作(西島秀俊)
越前屋百貨店のNo1バイヤー。仕事のためなら土下座も平気でやる。女子社員からは「変態」「オヤジ」などと陰口を叩かれているが、一切気にしない。会社の内外に多くの敵がいるが、「仕事が面白きゃ、人生の半分以上の時間は楽しい」という仕事観は、絹恵に影響を与える。
●神保美姫(黒木瞳)
越前屋百貨店の再生を託された婦人服統括部長。部下の資質や顧客の求めるものを瞬時に見抜き、交渉力も強力な人脈も持つ。絹恵にはパーフェクトな鬼部長にしか見えないが、「対顧客」を超えて「対個人」の接客ができるプロフェッショナル。心の根底には、洋服への愛がある。

(gooテレビ番組より一部引用)

公式サイトはコチラ
この商品の口コミを書く

#

リアル・クローズ の 口コミ(クチコミ)・評価・評判・感想・レビュー

いちごさん|40代|女性|
2010-02-25 06:13

評価  4

途中まではよかったんだけどなー。仕事と恋愛を織り交ぜていったのは良かったけど、しまりが悪く終わってしまった・・。え?結局仕事を取ったわけ?それでいいの?なんだかなぁ・・・

あゆむん|30代|男性|
2009-12-20 04:35

評価  5

さんまさんの娘さんでもあるIMALUさんが多く出ている回があって、そこでIMALUさんが演じる役がオシャレが好きな夢のある女の子でした。周りの人は決められた道を行っても自分は周りに流されず自分の道を行くっていう強い意志の大切さを考える事ができたドラマでした。

LEE15|30代|女性|
2009-11-29 16:19

評価  4

『あなた、つまらない服を着ていると、つまらない人生になるわよ』という黒木瞳さんのセリフ・・・あれ、どっかで聞いたことあるな(^^;というのはご愛嬌。 お仕事を持つ女性がいきいきと描かれていて、それぞれのキャラにあった洋服で毎回登場するので「あぁ、すごく似合うな〜」なんて、思いながら見ています。

もっとクチコミを見る
公式サイトはコチラ
この商品の口コミを書く


当サイトアクセスランキング

位
外事警察 外事警察
2009年秋ドラマ
世の中にはほとんど知られていない「外事警察」。市民生活の中に深く潜行し、決して姿を見せない「ウラ」と…>>詳細を見る

位
ギネ 産婦人科の女たち ギネ 産婦人科の女たち
2009年秋ドラマ
産婦人科版「ER」とも呼べるスピード感溢れる本格派医療ドラマ。題名の「ギネ」は産婦人科などを意味する…>>詳細を見る

位
行列48時間 行列48時間
2009年秋ドラマ
直木賞作家の藤田宜永作「喜の行列 非の行列」(毎日新聞社刊)がついに映像化。行列に並ぶ人々の建前と本…>>詳細を見る

位
JIN−仁− JIN−仁−
2009年秋ドラマ
「スーパージャンプ」(集英社刊)に連載中の人気コミックをドラマ化。脳外科医の南方仁(大沢たかお)は、…>>詳細を見る

位
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2
2009年秋ドラマ
昨年、人気を博した米倉涼子主演の心理サスペンス「交渉人」がさらにパワーアップ。凶悪犯罪の最前線で、人…>>詳細を見る

 
最近見た商品・サービス

まだ商品ページを閲覧していません